2019.3/27(wed)
  • スタジオ(3F)

ジセダイトークNEO「松本に議論を巻き起こそう」~再考 城と山のまち~

松本の人間は議論好きだ、と言われて育った記憶があります。東京に出てからも、お前は理屈っぽいなあ、としばしば評されました。長いものに巻かれろ、を良しとしない矜持が、気がつけば宿っていました。松本城の城主が交代を繰り返した歴史や、高い山に囲まれ米作に不向きだった地形、廃藩置県で県都に選ばれなかった経緯が、そうした気風を育んだのだろうと考えてきました。「自由な気風は、唯多事争論の間に在りて存するものと知る可し」福沢諭吉『文明論之概略』いまの松本は、自由な議論ができているでしょうか。残念ながら、どうもそうはなっていないように感じます。その象徴が、本来議論の府であるはずの、市議会の光景です。

〈松本のいまと未来〉を語り合う「ジセダイトーク」。
今月は、『松本に議論を巻き起こそう』と題して、城と山のまちの未来を問い直します。市役所の現地建て替え、松本城外堀復元の棚上げ、山岳観光の可能性、松枯れ対策の是非。自由な議論を通じて、みんなの共通了解をつくる。その新しいスタートにしたいと思います。皆さんの参加をお待ちしています。

◇トーク‐セッション  臥雲 義尚 × 兼清 慎一
ジセダイトーク NEO 「松本に議論を巻き起こそう」 ~再考 城と山のまち~

ナビゲーター◆臥雲 義尚のプロフィール  松本ジセダイプロジェクト 代表。
松本市新伊勢町生まれ。NHKで政治記者や解説委員を務め、2015年に帰郷、市長選に立候補。政治とメディアの最前線で培った経験を生かし、若い世代の感性や新しい発想を市政に反映して、松本を活況と先進性が溢れる都市にすることを目指す。55歳、妻と2男、1歳の孫娘を持つ。松本ジセダイプロジェクト代表。

モデレーター◆兼清 慎一さんのプロフィール
山梨県立大学国際政策学部 准教授。神奈川県横浜市生まれ。1990年にNHK入局。経済部記者やロンドン特派員などを務めた後、2014年に退職。山梨県北杜市に移住し、田舎暮らしをする傍ら、大学で教佃を執る。専門はメディア・リテラシー。研究の実践活動として、自治体の地域プロモーションを手掛けている。

<入場料>1,000円(お茶菓子付)

<申込方法>メール、または電話で、松本ジセダイプロジェクト事務局までお申し込みください。
メール/m.jisedaiproject@gmail.com
TEL/0263-36-7343

  • 開催日・期間2019年3月27日(水)
  • 時間19:00~21:00
  • 会場3階スタジオ
  • 主催松本ジセダイプロジェクト
  • お問合せ松本ジセダイプロジェクト事務局
    TEL/0263-36-7343
  • 詳細ページhttps://www.facebook.com/MatsumotoJisedaiProject/